『太陽光発電』買取価格改正のお知らせ

☆「消費税アップ間近!ぜひこの機会にご検討ください!

今回のオーナーズニュースでは『太陽光発電』固定価格買取制度に関する買取価格の改正についてご案内をいたします。


経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買取制度について、平成25年度新規参入者向け買取価格及び平成25年度の賦課金を決定しました。

①   太陽光発電
・非住宅用(10kW以上)は、平成24年度の42円/kWhから4円20銭の引き下げとなり、37.8円/kWh。
住宅用(10kW未満)は、平成24年度の42円/kWhから4円の引き下げとなり、38円/kWh。
②   平成25年度の賦課金
・固定価格買取制度の賦課金と旧制度(廃止された太陽光発電の余剰電力買取制度)の賦課金を合計した平成25年度の賦課金は以下のとおりとなります。
全国平均を取ると、1kWh当たり0.40円(=0.35円(現行制度)+0.05円(旧制度平均))の負担となります。標準的家庭(月に300kWhの電気を利用)の場合、月額電気料金約7,000円に対し、120円(=1kWh当たり0.40円×300kWh)の負担となります(24年度は87円の負担)。なお、平成25年度の賦課金は、平成25年5月の電気料金から平成26年4月の電気料金までに適用されます。
③   補助金について
・平成25年度の補助金では、対象システム1kW当たりの補助対象経費によって1kW当たりの補助金額が異なります。(国、県、市)対象システム1kW当たり41万以下2万円、41万~50万以下1.5万円※平成24年度は1kW当たり43万円でした。


今回の制度改正によりシステム費用が下がってくることが予測されます。


積和不動産中国・積水ハウスリフォームにて無料見積り、無料シミュレーションさせていただいておりますので、ぜひこの機会にご検討下さい。

お問い合わせ